ゆるゆるてくてくこつこつ

インドア母の 中学受験の反省とゆるゆる進んで行く日々の記録です(参考にはなりません・・・)

中学受験 6年生 夏期講習を申し込んだりサピママと話したり。

2020年6月 夏期講習の申し込み

 



前回、塾からの夏期講習の提案の話をしました。

tekutekukotukotu.com

こんな感じ

夏期講習期間 7月第3週から8月いっぱい 計約7週間

塾からの提案
通常の受講:4科目28コマ分(1科目週1日)
  +
追加の受講:87(算数24・国語17・理科28・社会18)
旅行は自粛ムードでしたが、念のため祖父母の家に行く予定は組んでいました。
・中学生になり部活に入ったら、もう長い旅行はできないかもしれないこと。
・コロナ禍で閉塞的な生活をしていたので、気持ちを切り替えたい。

息子もストレスの多い生活をしているけれど、なにより夫が通勤・会社(リモートと出勤が混在)でかなり神経質な生活をしていたので気分を変えたかったのです。

結局夏期講習は、塾からの提案を大幅には変えず以下の通りとなりました。
決 定
通常の受講:4科目28コマ分(1科目週1日)
  +

追加の受講:82(算数23・国語16・理科26・社会17)
・5コマ減らして82コマ
8月13日ころから1週間ほど塾を休む。(その間塾自体の休みもあり)
 
6月23日に面談し、27日には夏期講習申込書を塾に提出。あわせてこちらの受講可能な日・コマを表にして提出しました。

ここから各教科の先生が入ることが出来る日を埋めていくので「月曜日は算数と国語」という決まりは無く結構ばらつきのある日程になりました。
9月の夏期講習の終了期間近くに社会が多くなったり。
 

我が家はその時は「そういうもんなのか。」としか思わなかったけれど、今思うと嫌な人もいるだろうなあ。でもバランスよく入れてほしいとなったら違う先生にお願いすることになる可能性が大きいですよね。
コロナ禍で先生たちもスケジュールを立てるのが大変だったと思います。

料金は口座引き落とし。約310,000円。苦・・・。



 木べらでパスタ

 慣れない手つき


自宅学習中に料理男子になってくれるかと手伝ってもらったが特に興味持たず・・・。

 

サピママさんと話す

学校は無事始まりましたが放課後遊ぶ人数はぐっと減りました。
スイミングも塾も入っていないフリーの日はが水・金・日ですが、学校で遊ぶ約束しても✕になったり。みんながかなり神経質になっていました。

サピックスに通わせているママさんと話す機会がありましたが、

tekutekukotukotu.com

息子君は勉強好き、学校も好き、塾も好き。4年生から学校・塾に通うことでリズムが出来ていて、自宅学習はリズムが崩れて大変だったとか。

リズムだけじゃなく塾で仲間と切磋琢磨して勉強すること自体も楽しかったんじゃないかな。

『二月の勝者』のΩクラスってこんな感じの子がいるんだなきっと!?

親に注意される、と言うより息子君は自分で「だれちゃってついついゲームやったりタブレット見たりしてしまう~。」とお母さんぼやいていたそうです。

 

★ママさんはメンタルも心配してましたが、すごくバランスの取れた息子君なので大丈夫なんじゃないかな~と思ってました。誰とでも仲いいけれどべたべたじゃない。礼儀正しいけれどガチガチじゃない。息子が友達と外でゲームしていると「あ、オレも入れて。」とすっと入ることが出来て入ってくれると楽しいんですって。いい子なんですよ。もちろん超難関校に合格しました!

まあ今だから言えるけどこの頃は本当に不安だらけで会うと愚痴ってました。