ゆるゆるてくてくこつこつ

インドア母の 中学受験の反省とゆるゆる進んで行く日々の記録です(参考にはなりません・・・)

中学受験 6年生から現在まで アレルギーについて② ダニ

息子のダニアレルギー

tekutekukotukotu.com

前回の続きになります。
 

ダニ・ハウスダストアレルギーについて

ダニ・ハウスダストアレルギーは最初、薬と掃除でなんとかしていました。


毎日布団クリーナー】で一生懸命布団を掃除。

結構大きい音ですがとれます!16559円


次に防ダニ布団】を購入してからより症状はよくなりました。

試しに買ったお手頃値段。結局そのまま使っています。3480円


それでも季節の変わり目は症状が出ましたね。
特に夏から秋。先生には「乾燥してるでしょ?ダニの死骸とハウスダストが舞ってるね~掃除しないとね~。」とよく言われました。

ダニアレルギー
ダニが多くなりやすい時期は、室温20~30度、湿度60~80%の日本の5~8月。そしてアレルギーの原因になるのはダニそのものよりその死骸やフン。
空中に舞ったダニの死骸やフンを吸い込むことによって鼻炎や咳などの症状が出る。空中に舞いにくい生きたダニは【吸い込みにくい】からアレルギーは起こしにくい。要するにが死ダニが多くなる時期で一番症状が出る

布団だけではなく家全体を掃除しなければいけない。断捨離せねば・・・強く思いながら何年たったかな・・・。


中学1年生

スギ花粉の舌下免疫療法を開始して2年目を迎えるころ、おかげさまでスギ花粉の季節に薬を飲むことは無くなりましたが、秋になるとやっぱり多少はティッシュと薬を必要とし、時々鼻血に困るという状態。

秋のブタクサも原因でしょうね。

 

中学2年生の5月

舌下免疫療法が3年目を迎えました。

ここで、①スギ花粉の舌下免疫療法続けるか、あらたに②ダニアレルギーについても舌下免疫療法をおこなうか、決めることになりました。


スギ花粉については成果が出たので、スギ花粉は治療を終了しても、念のためもう少し続けてもいいと言われています。

スギ花粉症の治療を続けながらダニの舌下免疫療法をするとなると、今度はダニ治療、【ミティキュア】という薬を飲むことになります。

 

舌下免疫療法を続けるかどうか

 

A・スギ花粉の舌下免疫療法を続ける
B・ダニの舌下免疫療法を始める
C・スギ・ダニ両方の舌下免疫療法を行う

あの息子が【シダキュア】を飲んで、数分後に【ミティキュア】を飲む。
本人は「やるよーやるやる。」と軽く言いますが・・・。

 

結論としては一旦止めることにしました

まさかのD!理由は・・・
中1の秋、去年くらいからあまり鼻血が出なくなった
 季節の変わり目に症状が出た日だけ市販の薬を飲めばなんとかなりそう。
(去年は1~2回飲んだ。)

母に負担がかかる。本人は母が出さないとしょっちゅう薬を忘れる。
 本人が急に大学病院に行けなくなり、母が1人で取りに行く。
 1時間近く待つこともあります。

良くなったら本人の気持ちがゆるゆるになった。

【シダキュア】と、目の【ブルーベリーのサプリ】を置いておくと【ブルーベリー】だけ無くなっている。「後で飲もうと思たんだよう~。」を何回聞いたことか。もう中学2年生だし、治療したくなったら自分で行けばよい!

※一応大学病院以外のアレルギー専門クリニックを何件か調べてあります。

 

美味しすぎたのがよくないのかな。。。

 

本人が治療を自分のこととして真剣に続けるなら母の負担なんてどうでもいいんですが、このままだと治療のおかげだってことも忘れそうです。

この3年間、本人が飲むのを忘れた分が約60錠強。うんあと2か月分あるわ。これでスギ花粉治療も(一旦)終了します。
飲め飲め飲めと言い続けなければ60錠じゃすまなかったでしょうね~~おかあ疲れたよ。

大学の担当の先生は「僕は止めたらまた症状が出てきちゃったけどね~!」って言ってました。不安もちょっとありますが。。。