ゆるゆるてくてくこつこつ

インドア母の 中学受験の反省とゆるゆる進んで行く日々の記録です(参考にはなりません・・・)

中2のゆる息子よ 勉強しなさいよ

勉強しろ!がストレスなのはわかりますよ?


東大生は子供の頃「勉強しなさい」と言われたことがない人が結構いるという。 


でもうちは東大に行く予定はないので、今日も勉強しろといいます。
さすがにテスト間近ですし。母が子供の頃言われて嫌だったことを言っちゃってます。

しかし、前回も書いたけどのんびりしているんですよね。この感じ、受験生の頃から変わらない。

 

・母による数々の説得の言葉・

「今やらないと後悔するよ!」

「やってみると面白いのに~!」

「社会人になって時間が無くなってからから価値がわかっても遅いよ!」

「は?つらい?それが青春の証!」

なんだか打っていて情けなく恥ずかしい。

 

結局一番説得力があったのは

「一人っ子だから君は将来だれにも頼れない。従妹も頼れないよ。親がいなくなってもこのマンションが残るけど、そのころには老朽化して財産にもならん。どうやって食べてくの?」

しばらく考え込んでいた息子の答えは

「金持ちになるよ!!」

普通の人は金持ちになるためにも勉強するんじゃないか?

 

特に好きな科目はないらしいです。見つかるといいなあ。きっと楽しいよ。

テスト勉強をぎりぎりになって真剣にやり始めたけど、

「漢委奴国王の金印を発見した人はお金をもらったのかなあ?」とか
「新人が直接の先祖ってことは原人や猿人は絶滅したのか?進化とは違うのか?」

って微妙なところを突いてくる。

しまいには「うるさい!私が好きなのは江戸時代だ自分で調べろ!」と言いたくなるけれど、せっかくほんのちょっとでも興味を持ったら、疑問を持ったらその芽を摘んじゃいけないんですよね・・・。

 

 


見つけたのは福岡県志賀島の甚兵衛さん。黒田藩に提出させられ白銀5枚(50枚ともいわれる)をもらいました。偽物だという話もありますよね。

www3.nhk.or.jp

 

国宝なんですね。

museum.city.fukuoka.jp