ゆるゆるてくてくこつこつ

インドア母の 中学受験の反省とゆるゆる進んで行く日々の記録です(参考にはなりません・・・)

中学受験 6年生 12月24日ちょっとした息抜き

2020年12月24日のこと


2022年12月ただいま断捨離中です

クリスマス前に綺麗にしたいですね。毎年言ってることなんですけど。ごちゃごちゃしたものが家のいろんな引出に入っています。少しずつ整理していると懐かしいものが出てきました。

息子の昔のがらくたが入った小箱から。

 

これ、アベントカレンダーの24日の所に入れておいたメモ?指示書?です。

汚いメモ・・・・


最初、24日のところにはチョコレートを入れておいたんです。でも24日はアベントカレンダーの最後。せっかくなので遊んでみました。開けてみたら手紙➡サンタ人形の背中➡冷蔵庫➡ドラえもんのマンガ➡洗濯機の中がゴール

洗濯機の中にめっちゃ大きいサンタさんの靴を入れておいたはず。

これの☟もっとおおきいの

息子その時6年生。もうあまり喜ばないかなーと思ってメモも多すぎないように4枚にしたんですが。

息子なりに勉強を頑張っているので(息子なりにね)ちょっと楽しい気分になったらいいなあと思って。メモが残っているところを見ると楽しかったのかな?

 

 

 

どうもいつまでも小さい子供のイメージです

親にとってはいつまでも小さい子供気分だけど、親が思っているより大人っぽいものが好きだと思うんですよね。実際。

昔々、母は誕生日に、母の母が持っていた素敵なオルゴールが欲しかったんです。そのオルゴールは彫刻が施されていて蓋の中央には女性のカメオ(のようなもの)が埋め込まれていました。中には母の宝石(高いものではないけど)や父の天然石がついたネクタイピンとか入っていました。

しかし母の母がくれたのはミッキーマウスの絵柄のオルゴール。

ちっがーう!!かわいいけど。

それから母の母はよく母にミッキーのハンカチとかくれましたっけ。

社会人になっても。

「そんな子供じゃないよーーー。」(年齢関係ないとは思いますがミッキーファンでもなかったので・・・。)と思ってもどうにも言えませんでした。でも今は母の母の気持ちもわかる。

心の中でがっくりされたくなくて、息子には必ず欲しいものを聞く小心者の母です。夫はそういうところは無い。🌟自由です🌟いいなあ。

 

今年の息子の希望

今年はワイヤレスイヤホンをご所望だけど何か一つ欲しいものでびっくりさせたい。けど息子、物欲が無いんですよね。金一封?それも大して興味ない。

24時間ゲーム券?嫌だ・・・・。

とりあえず今年、アベントカレンダーの24日にメモを入れてみようかな。

 

 

クリスマスキャロル

小さい頃、クリスマスになるとTVで放送していた、ミュージカル形式のクリスマスキャロル。アマプラで観ることが出来ます!今見るとすごく画像は古いんだろうけど素敵なんですよ~。

ジム・キャリーも演じてたんですね。知らなかった。

シャーロック・ホームズ』のクリスマスのお話 素敵なお話なんですよ