ゆるゆるてくてくこつこつ

中学受験の反省とゆるゆるの日々の記録。いまいち理解できない男子を、1歩離れたところから見守りたいと思いつつ。

ゆる息子の毛はすぐ伸び、アオムーはすぐミドリ

息子は最近、前髪が分かれることを希望している

★このブログはアフィリエイトを利用しています

☝英語の下手な和訳のようですが、前髪の真ん中あたりで分かれてほしいらしいんです。

正直「前髪をかき上げてれば、いつか分かれるんじゃね?」と言おうとも思ったんですが、しょっちゅう前髪かき上げマンになられてもうっとおしいので黙ってました。

前髪って分かれるという漢字でいいんですよね?面倒なので調べない。

 

 


というわけでただいま前髪を伸ばし気味にしているんですが、おかげで「息子!前髪長いな!」と学校でチェックが入ったらしいです。

※息子の学校は高校でもたまに生活指導(頭髪検査)がある。


息子は4月の入学式の前と後、髪の毛を切りに行ったはずですが、なんだかまた伸びているんです。伸びるの早いな~。


元々長めに切ってるから?若いから?

 

夫と2人でそろそろカットしに行くかなんて言ってる

なんと、1か月に1回切りに行くと?母が年に何回髪の毛を切ってると思うのよ・・・?


まあ、正直母のカラーリング代ともろもろ合わせると、1回で君たちの何回か分になってしまうんですけれども。


どうして息子の頭髪にそんなにお金をかける価値があるだろうか、いやない。(反語。中間試験の古典勉強中。)


だって、息子のしゃれ心なんてたかが知れている、というか甘っちょろいもんなんですよ。


目に見えるところだけが大切なのではないのよ。息子。


心ではなく、物理的にです。


だって、前髪を気にしていても、


※実際はこんなにドヤッてません


後ろはこんな寝ぐせ

直しなよと言ってもめんどくさがってやらない。結局母が蒸しタオルを用意。


☟この頃と変わりません。

tekutekukotukotu.com

まず前髪の前に後ろも自分でやることだ。


「めんどくさいな。シャワー浴びようかな。」と言ってましたが、それもめんどくさそうで今のところ実行せず。

 

アオムー

早いと言えば、我が家の柚子の木に付くアオムーです。今年もこの話の季節がやってまいりました。


アオムーが怖いので卵のうちにピンと跳ね飛ばしていた。(←これも嫌)


でも一回やった後、見つからなかったんですよね。と、安心していたんですが、気付かないだけでした。


緑と黒の縞模様で2㎝くらいになったヤツがいました。


ゲゲゲ!見つけた時は憂鬱になってしまいましたが、今日、成長して真みどり色になってました。


アオムーの完成形。きっともうちょっと大きくなります。


憂鬱。早く秋にならないかな。

tekutekukotukotu.com

☝秋になってこうなったらこうなったでまた気になります。