ゆるゆるてくてくこつこつ

インドア母の 中学受験の反省とゆるゆる進んで行く日々の記録です(参考にはなりません・・・)

我が家のゆる息子用 歴史学習漫画

2019年5年生の秋、中学受験の勉強を始めて9か月ほどたったゆる息子ですが、もうすぐ問題集も地理が終わり、歴史に入るというころ『歴史学習漫画』を買うことにしました。

 


地理でだいぶ苦労しているので、少しでもほんのちょっとでも楽したい!

・・・で、我が家に迎えた歴史学習漫画は3種類。


それでちょっと我が家の歴史学習漫画について書いてみました。
①あくまでも我が家では、です。
②勉強時間一日2時間の息子ですよ~。


いろんな方が歴史の本について書いてらっしゃるけどうちのオシはちょっと違うかも。。。。という話です。

 

我が家の歴史学習漫画は『タイムワープシリーズ』(旧サバイバル)から

 

朝日新聞出版 歴史漫画タイムワープシリーズ通史編

いわゆる歴史学習漫画には入れないのかもしれませんが。

もともとサバイバルシリーズが大好きだった息子。

小新聞を読んでいたら日本の歴史シリーズが出ると聞いて興味津々。(母が)

 

  

母は特にこの「戦国時代へタイムワープ」を書かれたトリムさんがお気に入り

 

歴史漫画タイムワープシリーズ 通史編
出版社:朝日新聞出版 
表紙と中身:同じ漫画家 フルカラー ソフトカバー
・漫画家は各巻異なるけれど、どの絵もこなれていて動きがある。
・時代(各巻)ごとにタイムワープの設定は分かれている。
・同じ作者が書いた話は同じ登場人物がまた出てくる。
・未来や現代の人間がタイムワープするため、主人公はタイムワープした
 子供たち。
・1コマ1コマは大きめでギャグが多い

下ネタは元祖サバイバルより少ないです。
他にも「テーマ編」として何冊も出ています。
【戦国時代・忍者世界・(海外の)海賊・古代オリンピックなど】


母から見た息子にとっての問題点

主役はタイムワープした子供たちなので、歴史の流れよりも子供たちの活躍に意識が集中。

息子の一言

絵もきれいでギャグも好きだった。なんとなくくらいだけど勉強になった。歴史って面白いかもなと思った。

                                   なんとなくね・・・

 

全冊いとこの子にあげてしまいましたが、妹が気に入って何度も読んでるらしいです。学習というより最初のとっかかりになる感じです。

 

テーマ編もあります

 

小学館 学習まんが 少年少女日本の歴史

私の記憶では小学館源頼朝はなかなかのイケメンだったんだが・・・・?

ちょうど義父が歴史学習漫画をプレゼントしてくれるとのことだったので。

少年少女学習まんが日本の歴史
出版社:小学館 
表紙と絵:同じ作者 モノクロ一部カラー ハードカバー
・漫画は全巻 あおむら純(22巻のみ森本一樹) 
・絵はこなれていて動きがある。
・落ち着いていて丁寧な感じがする。時々解説する博士と子供たちが出てくる。
・1コマ1コマはあまり大きくなく情報量が多い。

同じ作者が21巻まで書いているので、長い歴史がつながっている感があり、母はわかりやすいと思いました。(古めかしいという子供の意見も!)
でもそれは考え方それぞれで、テーマごとに絵が違うほうがメリハリがあるかもしれません。



朝日学生新聞社 日本の歴史 昨日の明日は

我が家がとっていた朝日小学生新聞に掲載されていました。母は毎回この連載を楽しみにしていて、独断と偏見で購入。
主人公の史記くんが同級生のこよみちゃんと、その叔母のあやのさんが発明した「バーチャル歴史システム」で歴史の旅に出ます。

源頼朝がイケメン!『鎌倉殿の~』で性格が悪くてもいい!!かまわない!!

 

母イチオシです

日本の歴史 きのうのあしたは
出版社:朝日学生新聞社 
表紙と絵:同じ漫画家 モノクロ ハードカバー
・漫画は全巻 つぼいこう 絵はこなれていてなめらか。
・かわいい感じの絵なので女性かと思ったら男性。
・現代の子供たちが歴史上の人物たちと会う、ある意味タイムワープ系
バーチャルリアリティ)なのだが、あくまでも主役はその時代の人間。
・子供たちは道案内役的な感じ。
・中学受験や学校での成績アップが意識されている。
①音読シート、②書き取りプリント、③確認テストで知識の定着と確認
 ができるようになっている。

表紙を見ておわかりかと思いますが、劇画的なシリアスさはありません。
歴史上の人物や主人公たちのほどよいセリフで説明していく感じです。そして長文の説明がほとんどありません!!
すっきりしていて詰め込んである感じはない。登場人物はすべて善人ということはなく皮肉がきいている感じ。こよみちゃんはいい子♡

 

最初、息子は朝小新聞に連載されている「きのうのあしたは」に全く興味を示しませんでした。

息子の一言

最初女の子っぽい感じがした。でも結構面白かった。笑えるとこもあるしー。

掲載頁を無理やり毎回読ませてたら(ギャグが)面白かったのか、自分から読むようになりました。全巻買って渡すと、当時はゲームの持ち歩き禁止・スマホ無しだったので、この本を持ち歩き、電車や食べ物屋さんで繰り返し何度も何度も読んでいました

もちろん音読シート・書取りプリント・確認テストは素早く飛ばします

 

人物に特化した本もあります。日本人物史 れは歴史のれ

 

 

小学館集英社講談社・角川をそれぞれ本屋さんで見て、息子は小学校の図書室にあったからか小学館を選びました。

 

息子曰く

学校にあったからというより絵が全部一緒ってことがよかった。俺はね。

 

集英社講談社・角川それぞれコンパクト版が出ているんですね。

母の独断と偏見?で一言

 

集英社 学習漫画 日本の歴史

学習漫画 日本の歴史
出版社:集英社 
表紙と絵:表紙と中身の絵柄が違う 表紙は有名な漫画家?

それぞれの章、最初の数ページはカラーで子供の心をつかむ。 
漫画家は各巻異なる
20巻のうち8巻は近・現代←すごい
 
母の感想
近・現代が充実していてすごいです。絵が巻によって(ちょっと)ばらつきがあるのが個人的に気になります。ちょっとだけ・・・。表紙は中身と同じ人に書いてほしい。

 

講談社 学習まんが 日本の歴史

学習まんが 日本の歴史
出版社:講談社 
表紙と絵:同じ漫画家(各巻異なる)
歴史上の人物を悪人として描かないのが特徴らしい(それぞれ事情がある)
情報量のレベルがかなり高い(大学受験レベル)

母の感想

担当する漫画家さんが違うのでばらつきがあるのは仕方ないですね・・・。
47都道府県データマップがいいとママ友からの感想です。歴史・地理・文化が一冊でわかるとのこと。

 

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史

まんが学習シリーズ 日本の歴史
出版社:KADOKAWA 
表紙と絵:同じ漫画家(各巻異なる)
絵は一番キラキラしている
漫画家は違うが全巻通して統一感があるとのこと
情報量のレベルがかなり高い(大学受験レベル)

母の感想

一番売れているらしいです。豊臣秀吉の顔はかなり個性的。
巻によっては絵が本当に麗しい!
平成の終わりまで収録されているらしいのですがほかの出版社もかな?

 

他に・・・
成美堂出版でも出ていました。フルカラーです。
Amazonの説明欄に『オールカラーで登場人物は若々しくきれいに表現しました。』と記載されています。気になる・・・読んでみたい・・・。

 

3種類の歴史学習漫画が家にあります

一応タイムワープも入れて3種類。3種類すべて個性的で同じ時代のものでもそれぞれ違う気持ちで面白く読めます。

一つの時代を3回読むことによってかなり大まかですが歴史の流れをより一層つかめたのかなと思います。
あとは歴史好きな母の趣味も入っています。

 

番外編

徳川歴代全将軍の漫画。将軍の絵が個性的。好き。

重さ896グラム 厚さ4センチ弱。 
読み応えあり。息子は全将軍覚えました。ツボにはまったらしいです。

同じくもん出版『世界の歴史人物伝』932グラム厚さ4センチには見向きもせず。
ちょっと早かったらしい。