ゆるゆるてくてくこつこつ

インドア母の 中学受験の反省とゆるゆる進んで行く日々の記録です(参考にはなりません・・・)

中学受験を決める前 4年生 どうしようか中学受験

中学受験を意識する


受験予定のママさんたちと中学受験について話す

2019年2月、5年生目前、ママ友さんたちと久しぶりにお茶をしました。
話題(のひとつ)は中学受験。  

 

公文や学研教室から受験のための塾に変えることにしたよ、というママさんが何人かいらっしゃいました。

もちろん4年生になった時から受験用の塾に通っている子もいたけれど、私の(狭い)交友関係の中では、受験塾の前段階という感じでまだ公文などに通われているおうちが多かったのです。

前に書いたように友達トラブルがあったこともあり、中学受験もいいかも・・・
初めて思いました。(遅すぎかな💦)

いま息子がよく遊んでいる子たちも塾に通ってる!という子が多く、ということは中学で離れ離れになる可能性が大ということになります。

息子と話す



 「みんな地元の中学には行かないかもよ~?息子はどう思う??」

息子「う~ん、オレも違う中学行こうかな~」

 「じゃあ、2月から塾行く~??」

息子「・・・・・・ゲームの時間無くなるね」

そりゃそうよ・・・。

 

息子も友達と塾の話はしているらしい。
ちょっと気になるけど今の楽しいゲーム時間を削るのは嫌だ。

息子ならもちろんそうだろう。

小学校参観日の授業態度を思うと、塾で先生の話を全く聞いていないぼやーとした息子を想像できます。